身を切る改革で、新しい政治の扉を開く
  • 2019年11月22日
  • 2019年11月23日

参議院本会議で登壇致しました!

参議院本会議で登壇致しました! 〜1年生国会議員・ウメムラの衝撃〜     ”私の1票で政治なんて変わらない。 私が政治に興味を持ったところで この国はどうせ良くならない。” 二世議員ならぬ 二世無党派層として これまで政治に背 […]

  • 2019年11月7日
  • 2019年11月7日

野次、こわい。パソコン、ほしい。

野次、こわい。 パソコン、ほしい。 参議院議員会館10階にある 「梅村みずほ事務所」の執務室にて、 今しがたコンビニで買ってきた ”バターチキンカレー”を食しながら この記事を書いております。   今日は4時間45分にわたって 文教科学委員 […]

  • 2019年10月28日
  • 2019年10月28日

福島親子の「保養」を国で主導するために

東日本大震災復興特別委員会が 今は参議院でほとんど開かれていないと聞いた時に 違和感を覚え 福島第1原発の視察で 避難指示が2年前に解除された富岡町の 住民帰還率が8%だと聞いた時に 違和感を覚え 先週、 また違和感を覚えました。   &n […]

  • 2019年10月7日
  • 2019年10月7日

福島第一原発と処理水。

(人の暮らせぬ地でイノシシが草をはむ)   福島第一原発と処理水。 〜敷地いっぱいのタンクに日本の先送り政治をみる〜     福島、ファーストインプレッション 松井一郎大阪市長が 「科学的根拠から安全性が確認されれば 大 […]

  • 2019年9月25日
  • 2019年9月25日

拘牢省な厚労省の勉強会。

こんにちは! 梅村みずほです。 今日は東京です。 先月、ニュースにもなった 厚生労働省の若手職員チームによる 働き方・組織改革の緊急提言。   こちらに関する勉強会が党内で行われ 参加させていただいたのです。 私は大学卒業後、 一般企業のサ […]

  • 2019年9月23日
  • 2019年9月23日

家庭を失った子どもには家庭を。

家庭を失った子どもには家庭を。 〜イギリスに学ぶ里親制度〜     先日、ご縁をいただいて 京都華頂大学の山川宏和准教授に お話を伺いました。 ご専門は里親制度で、 特にイギリスの里親制度にお詳しく 日本でも 生まれた家庭で養育で […]

  • 2019年9月23日
  • 2019年9月23日

罪を犯す親と子どもの死について。

罪を犯す親と子どもの死について。 〜さいたま小4死体遺棄事件〜   「児童相談所は、いわゆる内縁の夫や義理の父というだけで その家庭をマークすることはありません。 ですが、その男性が無職になった時、大変警戒します。」   虐待と里 […]

  • 2019年9月3日
  • 2019年9月3日

新米ヒヨコ議員の苦悩

【新米ヒヨコ議員の苦悩】 〜永田町と大阪と家庭のバランス〜 今、新米ヒヨコ議員の私は揺れています。 ①参議院議員としての永田町仕事。 ②日本維新の会としての地元仕事。 ③妻・母としての家庭仕事。 この3つのバランスをどう保っていくか。 自分が担う ト […]

  • 2019年9月3日
  • 2019年9月3日

ここがヘンだよ、ニッポンの国会。#02

【ここがヘンだよ、ニッポンの国会。#02】 〜国会議員が居眠りするワケ〜 国会議員としての初仕事ともいえる 先の臨時国会。 会期は5日間。 8月1日(木) 8月2日(金) 8月3日(土) 8月4日(日) 8月5日(月)のはずでした。 でも、 実際は初 […]

  • 2019年8月23日
  • 2019年8月24日

子どものためのアカルイミライ計画 #01

【子どものためのアカルイミライ計画 #01】 〜いじめ・虐待・自殺ZEROへの梅村的第一歩〜   今日は大阪・堺市で行われた 『いじめ・虐待撲滅を考える会シンポジウム』を 視察させていただきました。     大阪府 堺市 […]

>お母さん目線の政治が必要です

お母さん目線の政治が必要です

かねてより政府主導で「女性活躍時代」が推進されているとはいえ、残念ながら女性の悩みに本当に寄り添っているとは思えません。 子どもたちを笑顔にするためには、お母さんたちが幸せになる社会を作らなければいけない。 子どもたちを育てることは、未来の日本を育てていくことと同じです。今こそお母さん目線の政治が必要だと考え、私は出馬を決めました。 政治家としてはまだまだ未熟な私ですが、公認してもらえた日本維新の会とともに、子育て支援や教育、女性活躍に関する改革の実現のため、邁進していきます。

CTR IMG