身を切る改革で、新しい政治の扉を開く
MONTH

2019年10月

  • 2019年10月28日
  • 2019年10月28日

福島親子の「保養」を国で主導するために

東日本大震災復興特別委員会が 今は参議院でほとんど開かれていないと聞いた時に 違和感を覚え 福島第1原発の視察で 避難指示が2年前に解除された富岡町の 住民帰還率が8%だと聞いた時に 違和感を覚え 先週、 また違和感を覚えました。   &n […]

  • 2019年10月7日
  • 2019年10月7日

福島第一原発と処理水。

(人の暮らせぬ地でイノシシが草をはむ)   福島第一原発と処理水。 〜敷地いっぱいのタンクに日本の先送り政治をみる〜     福島、ファーストインプレッション 松井一郎大阪市長が 「科学的根拠から安全性が確認されれば 大 […]

>お母さん目線の政治が必要です

お母さん目線の政治が必要です

かねてより政府主導で「女性活躍時代」が推進されているとはいえ、残念ながら女性の悩みに本当に寄り添っているとは思えません。 子どもたちを笑顔にするためには、お母さんたちが幸せになる社会を作らなければいけない。 子どもたちを育てることは、未来の日本を育てていくことと同じです。今こそお母さん目線の政治が必要だと考え、私は出馬を決めました。 政治家としてはまだまだ未熟な私ですが、公認してもらえた日本維新の会とともに、子育て支援や教育、女性活躍に関する改革の実現のため、邁進していきます。

CTR IMG